1年で一番寒いのは1月?今さら寒さ対策について考える

3401

こんにちは、無職です。

どうも最強寒波と言うやつがきているようですね。
名前が怖いです。

Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

12月は、年の瀬感も冬になった気もしていなかった私ですが、さすがに最近は家の中にいても冷えを感じるようになりました。

とはいえ、エアコンにカーペットにストーブとガンガン使っていたら電気代で破産してしまいます。
どうにかリーズナブルに暖まれるものはないのか?

今回は今さらながら寒さ対策について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大_記事下

1月下旬が一番寒い

最近どうも寒いなと思ったら、どうやら1年で一番寒いのって1月なんだそうです。(東京の平均)
私てっきり2月だと思ってました。

過去の記録では、1月の中でももっとも最高気温が下がるのが1月下旬とのこと。
もうすぐじゃないか!
もしかして雪も降るのでしょうか?
考えただけでも震えてきます。涙

部屋での寒さ対策について考える

窓からの冷気で部屋が暖まらない

我が家はブラインドを使用しているため、窓からの冷気の入り方が尋常ではありません。
先日ホームセンターで見かけたのですが、どうやらプチプチのようなシートを貼る人が多いようです。
これは水で貼りつくタイプで、ノリの跡などもつかないですし、賃貸住宅に住んでる方も気軽に貼れそうです。

家の中でも足先の冷えが気になる季節。
やはり寒い季節の定番といえば、あったか素材で作られたもこもこのルームシューズが必須です。
私は昨年これを買ったのですが、今までのルームシューズの中でもダントツの暖かさでした。
ウール100%で作られていて、少しお値段は張りますが、納得の暖かさ。
足元の防寒対策だけは今のところ完璧です!

近年、冬の定番になりつつある着るブランケット。
その名の通り、ブランケットに袖が付いていて、見ているだけで暖かくなれそうな、最強のあったかアイテムです。

毎年買おう買おうと思いながら、ついついタイミングを逃してしまっていましたが、今年は家にいる時間も長いので、今さらながら欲しくなってきました・・・。

私が着るブランケットで重視したいポイントは以下の4つ

  • デザインがシンプル
  • 価格が2,000円くらい
  • 毛玉ができにくいor毛が抜けにくいこと
  • 着丈が長すぎないこと

デザインは飽きがこないシンプルなものが良いです。できれば無地。
価格は無職のため極力抑えたいので、できれば2,000円以内が理想!
毛玉ができたり毛が抜けやすかったりすると、お手入れやお掃除が大変なので生地感も注目したいです。
着丈は意外と一番重要で、ユニセックスなものになると、男性の足先まで温められるようにとかなり着丈なが長いものがあったりするため、できれば女性の身長に合ったものを選びたいです。

着るブランケットを本気で買うべく探してみる

今探してみた感じで、これとかすごい良さそうです。
予算は少しオーバーですが、フード付きだしカジュアルなデザインで飽きずに着れそう!

楽天では、こちらの商品もとても人気の様子。
ヌックミィって名前がすごくかわいいですねw
個人的には無地×差し色のパイピングの配色がスポーティですごく気になりました。
が、こちらもビミョーに予算オーバー。
うーん。2,000円以下だとなかなかないのでしょうか?

今年の冬はあたたかい日が多くて、なかなか寒さを感じることがありませんでしたが、そろそろ冬らしい寒さになるのではないでしょうか。
それまでに、しっかり寒さ対策をしなければ!
と、冬真っ只中の今さら焦って冬じたくを計画する無職なのでした。

ブログ村リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大_記事下
レクタングル大_記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする